保育の特色SPECIAL

保育方針

家庭的な雰囲気を大切にし、基本的な生活リズムを整え、心身ともに健康な体を育てる。
家庭と連携し、ひとりひとりの個性を伸ばし、相手を思いやる気持ちを育てる。

保育の特徴

家庭的な雰囲気の中で、保護者に代わって、子どもたちの成長を支援します。
外遊びを充実させ、心身ともに健康な体を育てます。
また、食育をとおして、食を楽しみ、味わい、礼儀を身に付けます。

保育内容

0歳児

・衛生的で安全な環境の下で、心身ともに健康で過ごせるようにする。
・特定の保育士との関わりの中で、甘えや欲求を満たし、信頼関係を築く。
・個人差を考慮し、離乳や歩行、言葉の発達を促し、意欲を育てる。
・簡単な挨拶の仕方を知る。

1歳児

・保育士に快く世話してもらいながら、自分でしようとする気持ちが芽生える。
・自由に行動し、歩行や探索を楽しむ。
・保育士との信頼関係の中、様々な遊びを通して、人との関わりを楽しむ。

2歳児

・安心できる保育士との関係の下で、簡単な身の回りのことを自分でしようとする意欲を促す。
・自分の思い通りにならない体験をしながら、少しずつ決まりがあることを知り、他児の思いに気づいていく。
・保育士の仲立ちを通して、友達との関わりが増え、一緒に行動したり、同じ遊びをしようとする。
・いろいろな遊びや体験を通して、言葉のやり取りや表現する楽しさを味わう。